EQWEL(イクウェル)チャイルドアカデミー 高槻駅前教室のHOME|【おけいこぱどクーポン】高槻市、幼児教育いつからの高槻市幼児教育
場所高槻市 ジャンル幼児教室

基本情報

住所 〒569-0804
高槻市紺屋町7-12 寺本ビル4F
アクセス JR・阪急「高槻駅」より徒歩5分
電話 072-684-0620
営業時間 9:30〜19:00
定休日 月曜・祝日
駐車場 なし

ママは、゛子育てが楽しく”なる。
子どもは、゛楽しく成長”できる。それが、EQWELチャイルドアカデミー。

☆イクウェルチャイルドアカデミーって?

ママにとってのイクウェルチャイルドアカデミーとは?
それは、日々の暮らしの中では気が付かなかった我が子の成長が見える場所。
月齢に合わせた良質な「刺激」を与えることで、子どもは成長します。そして、その成長を見ることができることで親として喜びと感謝が生まれます。

「ありがとう」「大好きだよ」

そんな心を持ちながら日々子どもと向き合っていくと、子どもにもその想いが通じ、豊かな感性が育ち、頑張るエネルギーに代わっていくのです。

また、頑張っているお子さんを見ると、思わずめいいっぱい褒めますよね?
褒められると、また子どもはどんどん頑張ります。
こうして親子の「楽しい」相乗効果が生まれることこそが、子どもが賢く育っていく糧となるのです。

イクウェルチャイルドアカデミーは、子どもたちに向き合うだけでなく、ママたちにも殺伐とした子育ての日常をリセットしてもらい、子どもに対する「愛と感謝」の気持ちに気づいてもらえる時間を提供し、この相乗効果でお子さんの成長を促します。

♪♪♪マタニティカフェ 開催♪♪♪
ママが赤ちゃんに想いを傾けてあげる方法を一緒に語りませんか?
なぜ、胎教が大切なのかを科学的に、そしてわかりやすくプレママの疑問・不安にすべてお答えします。

●毎週火・水曜日 10:30〜12:00 無料
※当日、EQWEL独自メソッドのレッスンを見学できます!

お店からのメッセージ
高槻駅前教室の開校は平成元年。イクウェルチャイルドアカデミーの中でも最も歴史ある教室のひとつ。親子2代続けて通ってくださっている方、お友達からの評判を聞きつけて遠方から通ってくださる方等の姿を見るにつけ、長年の実績による高い信頼を得られているものと確信しています。
そんな私たち高槻駅前教室のモットーは、楽しく通える教室であること。
皆さんもぜひ、一度遊びにいらしてくださいね!

♪♪♪マタニティカフェ 開催♪♪♪

ママが赤ちゃんに想いを傾けてあげる方法を一緒に語りませんか?なぜ、胎教が大切な…

2017-8-3

お知らせ

関連情報

オススメ画像


  • イクウェルチャイルドアカデミーは、0歳からの幼児教室です。
    0歳〜3歳は、天才的吸収力をもち、脳がぐんぐん急成長する時期。
    この無限の可能性を秘めた赤ちゃんの時期に、独自メソッドの教育法によってイメージ力や学習基盤となる記憶力など、さまざまな潜在能力を引き出します。

  • 記憶法を身につけ、やる気を育むだけでなく、想像力を創造できる力も養う幼児期。
    小学校に上がると、自ら学ぶ「学習意欲」を高めることで、高い志を育みます。
    また、勉強だけでなく、すべての礎となる「人間力」も育てます。

  • イクウェルが提唱するのは、「心の子育て」。
    子どもの「できること」「できないこと」といういわゆる能力に目を向けるのではなく、子どもを認め、信頼してほしい。
    そんな想いをママにお伝えしています。

雰囲気画像


  • 幼児とママが使う教室「Sun」。
    リラックスした雰囲気で、のびのびとレッスンを受けられます。

  • 高速で見せることにより、右脳が良質な刺激を受け、活性化されることで記憶力を養うことができるフラッシュカードや、イメージ力を高める積み木など、多彩なオリジナル教材で能力を伸ばします。

  • 幼児からでも英語の学習。
    EQWELのメソッドなら、ぐんぐん吸収!

お子様歓迎

  • 才能が目覚め、のびる時期を逃さない。
    イクウェルだからできる右脳教育があります。


    幼児教育というと、いわゆる“お受験”を見据えた「知識詰め込み型」を想像する方もいるかもしれません。イクウェルが重視するのは、目先の賢さではありません。右脳と左脳、そして心を育て、「学びたい!」という意欲を引き出すレッスンが特長です。

    イクウェルのモットーは、「認めて ほめて 愛して 育てる」。学ぶ意欲の根っことなる“心”を育てることにも力を注ぎ、たくましく、しなやかに生きられる子どもの成長を目指します。

    その出発点は、親が子どもを“あるがまま”に受け入れること。「あなたがいてくれるだけで、パパとママは幸せよ」と言えることから始まります。

    そこでレッスンの最初と最後にはスキンシップの時間をご用意。自然な形で親子の絆を深められるよう、プログラムを組んでいます。
↑ ページトップへ